養蜂農家の実家を飛び出し施工管理技士を目指す!

( 更新日:2017/12/15)

★施工管理技士に関わらずなぜ転職サイトは無料でサポートが受けられるのか?★

転職サイト

施工管理技士の転職サイトに関係なく、転職サイトでは会員登録すれば無料で内定までのサポートサービスを受けることができます。業界を知り尽くしたキャリアコンサルタントが専任で求人探しから内定まで一気通貫した支援を提供してくれます。転職が初めての人でも理想の職場から内定がもらいやすいのが特徴で、ほとんどの人が利用しています。ただ、無料で手厚いサポートが受けられるシステムに疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。たしかに、普通ならサービスを受ける場合はその対価を支払う必要があります。しかし、転職サイトの場合は対価を受け取る対象が求職者ではなく、求人を出している企業側となっているのです。つまり、転職サイトは会社が求める人材を代わりに探して紹介します。そして、会社が紹介された人材を採用した場合に、その人に支払う年収の何割かを手数料として転職サイトは受け取っているのです。企業としては、採用活動にかかる時間と費用を削減できるメリットがあり、求職者にとっては無料で条件に見合った求人を紹介してもらえるという、双方にメリットがあるサービスを提供して成り立っています。したがって、今では多くの企業が転職サイトに求人を掲載しています。特に人気のある企業は求人を出すと何百という応募書類が届き、それを精査するだけでも時間と労力がかかってしまいます。したがって、転職サイトでも応募が殺到しそうな人気企業あるいは好条件の求人は非公開とし、会員のみが応募できる仕組みにしています。したがって、施工管理技士の専門サイトでもまずは会員登録を行ってから求人を探すようにしましょう。あと、よくあるのが転職支援サイトを利用したら必ずそこで転職しないといけないと思っている人も少なくありません。もちろん転職サイトに登録しても、内定を受理するかは個人の意思が尊重されています。なので、転職サイトを利用しながら、個人でも求人を探して応募することだって可能です。さらにいうと、複数の転職サイトに登録して活動している人も沢山います。複数の転職サイトを利用すればより多くの求人に出会えるため、理想の職場が見つかる確率もアップします。施工管理技士は、人材不足によって多くの案件がある今だからこそ、転職サイトを活用して取りこぼしの無いよう効率よく求人を探していきましょう。

2017年7月04日

★施工管理技士のお仕事探しなら業界専門サイトが効率的です!★

施工管理技士求人ナビ

施工管理技士は、1級と2級の資格に分かれていますが、1級であれば現場で主任技術者や管理技術者になれるためニーズの高い資格となっています。企業側も1級資格保持者がいれば、1人当たり5点の技術評価点がもらえるため、公共工事への参加が有利になるメリットもあります。東京オリンピックや復興事業さらには老朽化するインフラ再整備と空前の建設ラッシュとなっており、人材不足が叫ばれています。大手ゼネコンなど年収1,000万円を超える案件も数多くあり、転職によって報酬アップを実現できる環境となっています。特に、20代・30代の若い施工管理技士がどこも不足しており後継者問題が深刻化しています。したがって、若い人であれば多少経歴が乏しくてもステップアップが可能な今のタイミングを逃さないよう将来のキャリプランをこの機会にしっかりと組み立てておきましょう。施工管理技士の案件は一般の求人サイトからも探せますが、おすすめは専門サイトの活用です。施工管理技士専門の転職・求人さいとを活用すれば、案件探しも効率よく行えます。また、転職活動をサポートしてくれるコンサルタントも施工管理技士業界を熟知しているのでより高度なアドバイスによる支援が期待できます。業界専門の転職支援サイトはたくさんありますが、おすすめは施工管理技士求人ナビです。業界に特化した求人探しから入職までを全て無料で一気通貫した支援をしてもらえます。会員登録を利用すれば利用できるので、転職や求人探しに興味がある人は当サイトを一度訪問してみると良いでしょう。

http://施工管理技士.biz/

2017年3月10日
養蜂農家の実家を飛び出し施工管理技士を目指す!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 養蜂農家の実家を飛び出し施工管理技士を目指す! All Rights Reserved.